御苗場 Vol.18でパートナーメディア賞(デジカメWatch賞)いただきました!

2016/2/25-28 に横浜の大桟橋ホールで開催された「御苗場 Vol.18 横浜」が終了いたしました。

カメラ業界最大規模の展示会cp+と併設で行われた、日本最大規模の写真展 御苗場(おなえば)。

今回で4度目の出展となりました。

1度目は、

写真を始めて2年目の、2007年 御苗場Vol.2 写真教室クラスの有志とともに1ブースに出展。 BankART1929 というかっこいい展示スペース。「横浜」がテーマだったような気がします 横浜の風景写真、大桟橋で撮ったものを展示した。

2度目は、

御苗場2010 (パシフィコ横浜) 自然の中に佇むポートレートを撮っていたので、石垣島で撮ったポートレートを展示。 一人で1ブース。

一人で初だったこともあり、額装も適当だった...

3度目は、

5年あけての昨年(2015年) 御苗場 Vol.16 横浜 水中ポートレートを展示。 テラウチさんに「綺麗なポートレートだね~」と言われたのだが、 「やっと水中でもきれいなポートレートが撮れるようになった。」と自分は認識して、ちょっぴりネガティブになったのでした。

そして今回。

2015年10月に作り始めた「水槽少女」を初お披露目。

--「水槽少女」---

窓辺に置かれた小さな水槽が舞台である。 窓の向こうには都会の街並みが広がっている。 水槽には手のひらサイズの小さな女性が、街を眺めたりしながら、ゆらゆら泳いでいる。

水槽の女性に対する愛情は、水の壁によって拒絶され会話もできない。 表情から感情は分かる気がするが、確かめる術もなく ただ水槽の外から見て写真を撮るのみである...

そんなファンタジーと行き所の無い愛情を、水中撮影、多重露光、デジタル加工を用いて表現している。

Model: Riho ----------------

2016年3月末に開催する個展、安部マサヒロ写真展「水槽少女」の宣伝が主目的だったのです。

でも展示はもちろん本気。

手は抜いてませんよ〜

左の1枚は、武藤裕也さんにプリントを依頼。以下の記事をみたのです http://muto.photowork.jp/entry/print_publish

>武藤さん お忙しい中ありがとうございました。

紙は German Etching のA2ノビ 顔料で印刷

右の3枚は、Hahnemuhle Photo Rag Satin のA3ノビに顔料で印刷

パネルはフレームマンさんでFMプレート加工

同じパネルの人、結構いましたよね

びっくり

そして結果として、まさかまさかの賞をいただきました!!

パートナーメディア賞 デジカメWatch推薦

デジカメWatch って毎日見てるんですよね~

感激です!光栄です!

賞をもらえるとは全く思っていなかったので、名前を呼ばれた時は会場の反対側で知り合いと話したのです

遠くから「アベ...」とよばれた気がして、近寄ってみたら自分の写真がモニターに! あわてて駆け寄っての、檀上での表彰でした だもんだから、受賞の言葉とか大したこと言えず。。。。すいません

「御苗場という何百人の中から、写真に携わる人が、少なくとも1人、1番に選んでくれたんだ〜」

と思うと、こみあげるものがあります

この作品「水槽少女」を作り始めてから、 アイデアがたくさん出てきて、まだまだ作り足りない感じです。

でも早くみなさんにお見せしたくて!の3末の個展開催です。

これからも作品を作っていきますので、発表していきます もちろん「水槽少女」以外も。

応援よろしく御願いします!

安部マサヒロ個展「水槽少女」 2016年3月30(水)-4月4日(月) 12:00-19:00 (最終日-17:00)

Facebookのイベントページ https://www.facebook.com/events/221998551473321/ 「参加予定」を押しとくと、開催時期を忘れずに済みますよ

ギャラリー同潤会 http://www.gallerydojunkai.com/

#写真展 #イベント

特集記事
最新記事